EN

出展方法 / 来場方法

<As an Exhibitor: TIMM出展のメリット>
自社/自身の音楽コンテンツや音楽周辺ビジネスを海外にプロモーションしたいと考えるすべての皆様にTIMMの出展をお勧めします。

TIMMの出展パッケージには以下の内容が含まれています。

これらは来場するだけでは得られることの無い、出展社だけの権利です。

・海外バイヤーに直接アピールできるショーケースライブへのエントリー権利

・海外バイヤーが参加するオープニングパーティーへの参加

・マーケット会場での固定商談スペース確保

・招聘海外バイヤーリストの閲覧

・年間を通したTIMMサイトでのオンラインビジネスマッチング(*)

・「Midi Festival(中国)」「Golden Melody Festival(台湾)」「MU:CON(韓国)」などTIMM連携イベント(欧米・東アジアなど)とのステージ交換の紹介(**)

(*)  出展社として1年間利用可能、以降は継続出展の場合1年ごとの再延長となります

(**) 国内出展のみ対象。場所によって渡航・滞在費の負担条件が異なります。また、年によって連携イベントは変動することがあります。

TIMMの出展受付は例年6月頃を予定しております。ご興味ある方はぜひTIMM事務局までお問い合わせ下さい。

* 今年度17thTIMMはリアル開催を行わず、オンライン「TIMM Online」にて実施致します。詳細はこちらをご参照ください。


<As a Visitor: TIMM来場のメリット>
音楽業界関係者が多く来場する貴重なネットワーキングの機会として、変化の激しい業界トレンドをビジネスセミナーで掴む機会として、TIMMは毎年多くの方々にご活用いただいています。

出展は少しハードルが高いと感じる方は、ビジターパスやワンデイパスでご来場いただくことが可能です。

音楽業界関係者・コンテンツ会社の海外業務担当者を中心に、幅広い職種の皆様にTIMMにご来場いただいており、主に「来場者とのネットワーキング機会」「ビジネスセミナー参加による自己啓発機会」として評価いただいております。

TIMMのビジター登録・ワンデイパスの発売は例年8~9月頃を予定しております。


今年度17thTIMMはリアル開催を行わず、オンライン「TIMM Online」にて実施致します。
ビジター登録は10月頃に開始予定です。詳細はニュースにて発表致します。


<Key Figures:TIMMに関する数字データ>

17

2004年、東京アジアミュージックマーケット(TAM)からスタートして毎年拡大しながら開催を続け、今年で17回目を迎えます。音楽関係諸団体が設立したJMCEが一貫して主催し、経済産業省の協力や映像マーケット「TIFFCOM」との連携など、安定の実施体制で運営して参りました。
 

26 / 200+

前回の16thTIMMでは26ヵ国・地域から200名以上の海外バイヤーが来場。配信事業者・海外フェス関係者・映像事業者などが日本音楽に関する商談を行いました。日本音楽に関する国際的なビジネスマーケットとしては最大規模で実施しています。

5+

TIMMはパートナーイベントとして「Golden Melody Award Festival(台湾)」「MU:CON(韓国)」「Midi Festival(中国)」などとアーティスト交換を実施しています。

今年度はCOVID-19の影響によりアーティスト交換は実施致しません。ご了承ください。
 

5,000+

前回の16thTIMMでは3日間で音楽関係者を中心にのべ5,000人以上を集客しました。