JP

DEPAPEPE

Company

Independent Music Coalition Japan (IMCJ)

Profile

The group is composed of Yoshinari Tokuoka and Takuya Miura and was formed in November 2002. Although their songs have no lyrics, the familiar sound of two acoustic guitars that resemble singing has made their music being used for many different occasions. They made their major debut with their 2005 album “Let’ s Go!!!” , whose sales exceeded 150,000 copies, an unusual achievement for an instrumental CD. Not only reaching the seventh place in Japan’ s Oricon Best 10, the first time for an instrumental album in the history of Japanese music, DEPAPEPE has also enjoyed popularity overseas. The band has released CDs in South Korea, Thailand, Indonesia, Taiwan, Singapore,China, and others, and has been performing live concerts in countries across Asia every year. Under the slogan “Make instrumental music popular!” , the group is known across generations and national borders.

2002年11月徳岡慶也と三浦拓也で結成された、2人組ギターインストゥルメンタルユニット。

アコースティックギター2本で、さわやかなメロディーと柔らかな音色で心象風景や喜怒哀楽といった感情、四季折々の情緒を表現する。2005年アルバム「Let's Go!!!」でメジャーデビュー。インストの音楽CDとしては異例の15万枚販売数を突破する。

インストゥルメンタルのアーティストのデビュー作品としては、日本音楽史上初のオリコンベスト10内7位にランクイン 。

第20回日本ゴールドディスク大賞にて、 ニューアーティスト・オブザイヤーとインストゥルメンタル・アルバムオブ ザイヤーの二冠に輝く。日本国内だけにとどまらず、海外でも人気が高い。

2008 年からタイをはじめ、韓国、インドネシア、台湾、シンガポール 等でCDをリリースをすると共に、 アジア圏でも毎年ライブを行なっている。

タイでワンマンライブも開催し3000人もの動員、 翌2014年のインドネシアでのFESではDEPAPEPEだけで10,000人以上もの観客を動員。

2020年にはメジャーデビュー15周年を迎え「インストミュージックをポピュラーに!」を掲げ、さらに世代、国境も越えて勢力的に活動中!!